常若婚オンラインショップ
オプションプラン

「いつもありがとう」
  「これからもよろしく」
パートナーへの「ありがとう」はいつでしたか?

 二千有余年、神宮が御鎮座するまち ”伊勢”。江戸時代より感謝の旅 ”おかげ参り” として多くの人々が訪れた。神宮では、20年に一度の式年遷宮により、社殿をはじめ御装束神宝をそのままの形で新しく造り替える。ここには、『常に若々しく瑞々しいままで永遠に』という『常若』の精神が息づいている。
この『常若』の精神が受け継がれ、感謝の地である ”伊勢” で、共に歩んできた大切なパートナーと共にこれまでを ”ふりかえり” ”感謝” し、そして ”これからを誓う”。伊勢でなければできない、感謝と新たな想いを伝え、新たな絆を紡ぐ旅。
それが「常若婚」
伊勢で紡ぐ新たな絆
『常に若々しく瑞々しいままで永遠に』

これまでをふりかえる 〜心を清める〜

二見興玉神社

興玉神石を拝し、開運・縁結、夫婦円満、厄除けなどにご利益があると言われています。古来、伊勢神宮に参拝する前に、二見浦で禊をするのが慣わしとされ、今は、二見浦の沖で採取した海草を用いた”無垢塩祓”という御祓いを受けます。「常若婚」は、二見興玉神社のお参りと御祓いからはじまります。

社務所内でお互いのパートナーへの想いを御朱印帳に書き綴り、夕食時に、御朱印帳を交換します。

いまに感謝 「ありがとう」

伊勢神宮

豊受大神宮とようけだいじんぐう(外宮)

衣食住をはじめあらゆる産業の神様である「豊受大御神」に、日々の恵みに感謝してお参りします。

皇大神宮こうだいじんぐう(内宮)

日本人の総氏神として崇敬される「天照大御神」に、パートナーと感謝の気持ちを奉納します。

未来への誓い 「これからもよろしく」

猿田彦神社

「みちひらき」の神様とされる猿田彦大神が祀られ、物事の始まりの際には、よい方向へ導いてくれると言われています。ここでは、「これからもよろしく」と未来を誓いお参りします。そして、「常若婚」「みちひらき」の特別御祈祷を受けます。新たな絆を紡ぐ一歩がここからはじまります。

道開きの神、猿田彦神社にて新たな人生を想い、パートナーに対し「これからもよろしく」を伝えます。

※どなたでも参拝はできますが、二見興玉神社での”無垢塩祓”と社務所内での御朱印帳の記帳、猿田彦神社での特別御祈祷は、「常若婚」ツアーに参加された方へ提供しています。

ページトップ